Our Story

 

 

With hammers, drills, and saws in hand, we at Tokyo Chapter built ninetytwo13 alongside our artisan friends. 

We decided to take a less orthodox approach knowing that it is easy to make things that are pretty but difficult to make things that are meaningful.  After stripping away as much as we could to get back to the bones of the building, we traveled far and wide from rustic towns along the BlueRidge mountains of North Carolina to remote forgotten villages in the Nagano countryside and carried back with us reclaimed materials and objects containing stories and substance.

Our intention was to create a soulful space rooted in culture and memory curated to inspire a community of creators and foster meaningful relationships.

The ninetytwo13 narrative is about freedom, forging our own paths. For us life is not a race to see who finishes first. It’s not about being the quickest, the strongest, the most beautiful, or the best. It's about whittling away excess as we practice the art that we love so that we may be able to fully realize our intentions and express ourselves honestly.

ストーリー

Tokyo Chapterの私たちは、自ら金槌やドリルや鋸を手に、美術スタッフと一緒になってninetytwo13を作り上げました。

美しいものをつくるのは簡単だけれども、意味のあるものを作り上げるのは、より難しい。そう考えた私たちは元の建物から一切の飾りを削ぎ落とし、その骨格をむき出しにしました。そして旅に出たのです。ブルーリッジ山脈の麓のさびれた町を、あるときは長野の忘れ去られた村々を訪ね歩き、そこに再び息を吹き込むべく、時間を重ね、魂を秘めた素材たちを集めました。

私たちの願いは、心を震わす空間を作ることにあったのです。そしてその空間は、クリエイター同士の結びつきを喚起し有意義な関係性を育てるための、精選された記憶と文化に根付いたものでなくてはなりません。

ninetytwo13の物語のテーマは自由。自由に自分自身の道を築いていくこと。私たちにとって人生とは、誰が最初にゴールを切るかということではありません。大勢の中で一番速いかどうか、強いかどうか、美しいかどうか、そういったことではないのです。それは、余計なものを削ぎ落とし、私たちが心から愛するものを追求するうちに、見えてくるものなのかもしれません。